Posted by at

2016年03月20日

値打ちが低い

自動車には寿命と言うものがあるのでいつまでも乗り続けるわけにはいきません。いつかは新車と買い替える必要があります。その時の下取り価格はとても大切な問題となってくるのです。愛車の部品は買取額にプラスになる?自動車のパーツとはいっても、数は膨大。というわけで、結果も変化してきます。大抵は、メーカーオプションパーツ(メーカー純正パーツ)は、ポピュラーで、見積もり額があがるパーセンテージが高いと言われています。逆に、メーカーもののパーツでない社外パーツは、一般的には期待している査定額が提示されなかったり買取額が減ることがあります。その原因は、車のパーツの好みが一人ひとり違うので逆にパーツがついていることで車の需要が減少してしまうことが結構あるからです。でも本来ついていたメーカー純正パーツが手元に残っていれば心配ありません。接着剤の跡があるなどして純正の状態が確認できないことがない限りは心配ありません。 ここからは純正でないパーツを付けている場合に少しでも高く査定してもらう秘密を書きましょう。通常のパーツのお店では扱っている専門によって社外パーツの価値があまり高くないといった場合が報告されています。というわけで社外パーツ装着車を査定してもらう時、専門店も込みの下取り見積りの買取額を参考にするといいと思います。また、社外品パーツの質によって高い下取り額をゲットできることができるので、・車に付けた状態でちゃんと下取り額を出してもらう。・自分で取り外してパーツ買取店で引き取ってもらう。・すこし手間がかかるが、ヤフオクで売る。・売らずに持っておき別のクルマに活用する。のようなパターンの中から、どれが車にとってもっともいいかを考えて、下取り業者を選ぶことをオススメします。  


Posted by パチパチ at 09:30